小学校の先生必見!おすすめのマットレスはこちら

ソーシャルディスタンスに気をつけた遊び!〜小学校編〜

 

小学校が徐々に再開しています。

新学期が始まり、学年で外遊びをローテーションしているところも多いと思います。

しかし、従来通りとはいかず・・・

新型感染症型感染拡大の予防のために約2mの間隔をとる

「ソーシャルディスタンス」に気をつけないといけないですね。

同時に、新学期なので友達同士の「心の距離」も近づけたいですね。

はなれて遊びながら、新しい友達と関わり合える遊びを紹介します。

 

ソーシャルディスタンスに気をつけた遊び!〜小学校編〜

じゃんけんピラミッド

 

1 ねらい

 

めざす子供の姿

・遊びを通して友達とコミュニケーションを図る

・軽い運動をして休校明けの学校に慣れる

 

休校明けの学校で、

子供の体力が劣っているはずです

また、新学期が始まったばかりで

クラスや学年に馴染めていない子が多いように思います

 

アスリートのような練習をするのではなく

遊びを通して、友達同士関わり合えたらいいなと考えました

 

 

2 場の設定

人数が多くてもできます(私は5クラスで実践しました)

 

〜図を載せて流れを説明します〜

*青い◯はフラフープを示しています

フラフープ=ソーシャルディスタンス

 

流れ

1 学年を半分に分けます

・フラフープの後ろでじゃんけんをするチーム(赤帽

・じゃんけんをして勝ち上がっていくチーム(白帽)

 

2 ルール説明

・じゃんけんをして勝つと次へ進める

・じゃんけんに負けると端を通ってスタート地点に戻る

・フラフープの中に入らない

(ソーシャルディスタンスを知らせる)

 

3 よーい始め!(2分半〜3分間で交代

 

4 最後までクリアできた人にみんなで拍手

 

5 感想

 

◎その他

・じゃんけんで勝ったらポーズを加える

・最後のじゃんけんに勝ったらラスボス登場?!

・教師も参加して関わり合う

・じゃんけんっぽい音楽をかける

・けんけんでやってみる など

たくさんアレンジすることが可能です

 

3 実践した感想

 

今回は2年生で実践しました

フラフープで距離を確保できてよかったです

ルールも簡単ですぐに理解していました

新学期の不安の中、「はい!自己紹介」というより

遊びを通してコミュニケーションが図れたように思いました

 

遊びの後も教室で座りながら

じゃんけんをする姿が見られ距離が縮まったのかなと感じました

 

つねに走ってじゃんけんしている状態ですが

活動時間が短くてしんどくなったら歩くこともできるので

子供が判断して楽しんでいました

 

また、学年全体で行ったことで

クラスを超えてたくさんの友達と関われたことで

コミュニケーションがとれたように感じました

 

学年遊びなどに悩まれている方は

1度やってみてもいいかもしれませんよ!

 

シェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です